歯 白く 歯磨き粉

歯を白くする歯磨き粉はどれが良いのかお答えします!

歯,白く,歯磨き粉

  • 歯を白くしたいけど度の歯磨き粉を選べばよいか分からない
  • 本当に歯を白くできる商品はどれなの?

お悩みであればこのサイトが参考になると思います。

 

歯が白くなると謳っている商品は色々とありますが、結局どれを選べばよいのか?と皆さん迷ってしまうはずです。

 

歯の白くなる歯磨き粉というのも商品の性質上、効果が出るまでに時間がかかるので効果が分かりづらいという欠点もあります。

 

そこでこのサイトでは、口コミなどから人気の高い歯の白くなる歯磨き粉ランキングを紹介します。

 

最近人気が高いのは、歯磨き粉というよりは、歯磨きジェルです。

 

歯磨きジェルは、研磨剤の入っていない透明(または透明に近い)の歯磨き粉なんです。

 

ホワイトニングに研磨剤はタブーです。

 

研磨剤が入っていると、歯の表面のペリクルという成分を傷つけて、黄ばみや汚れの成分がその傷から入り込んでしまうからです。

 

通常歯磨き粉は研磨剤が入っているので、透明な歯磨きジェルが人気が高いのはホワイトニング効果も高く、歯が汚れることを予防する効果も高いためなんです。

 

このサイトでは、そんな歯磨きジェルを中心にランキング化してみました。


歯を白くする効果のある人気の歯磨き粉やジェルおすすめランキング!

歯,白く,歯磨き粉

歯を白くしたいのであれば、歯を傷つける研磨剤は避けたいところです。

 

歯を白くしたいのであれば、ホワイトニング成分がしっかりと入った歯磨き粉を選ぶのが大事なポイントです。

 

ステインの除去能力や、黄ばんだ歯を白くするための成分がしっかりと入っているものを選びましょう。

 

更には歯が再黄ばみしないように、黄ばみの予防にもなる歯磨き粉を選ぶと良いです。

 

このランキングでは、

 

  1. ホワイトニング成分
  2. 研磨剤の有無
  3. 虫歯予防成分の有無
  4. 一日当たりの価格

 

この4つの項目を比較して、歯を白くする人気のホワイトニング歯磨き粉を紹介していきます。

 

このランキングから、あなたに合ったホワイトニング歯磨き粉を見つけてくださいね!.

 

 

歯,白く,歯磨き粉

 

LillyWhite(リリーホワイト)の特徴

 

★北欧スウェーデンで開発されたホワイトニング!
★ポリリン酸ナトリウムが歯の表面の着色汚れをきれいに!
★研磨剤不使用で歯の表面が傷つきにくい!
★イソプロピルメチルフェノールで歯周病も予防!
★一日当たり115円とジュース一本分

 

評価 歯,白く,歯磨き粉
ホワイトニング成分 ポリリン酸ナトリウム
その他の補助成分 イソプロピルメチルフェノール、ビタミンE酢酸エステル、グリチルリチン酸ジカリウム
定価 5980円(税別)
お試し価格 3980円(税別)
定期購入価格 3980円(税別)
継続条件 1回目から解約可能(縛りなし)
1日当たり価格 115円(3か月90日間使用の場合)

 

 

まずは1か月使ってみようという気持ちで購入しました。

 

今まで使っていたものが研磨剤が入っていたもののようで、なかなか黄ばみが取れないと思っていたところリリーホワイトを友人から紹介されて使っています。

 

使い始めて2週間ほど経つと、黄ばみの濃い部分が薄くなってきました。

 

1か月も使うと自分でも鏡を見て実感できるほどに!

 

朝起きてからの口の中のネバネバ感も少なくなったようでうれしいです。

 

26歳 OL


 

歯,白く,歯磨き粉
価格、ホワイトニング効果、補助成分などトータルバランスに優れたホワイトニングジェル!

 

定期継続の縛りも無いので、1、2か月使てみたいという方にはおすすめ!

 

歯,白く,歯磨き粉

↑詳細とお申し込みはこちら↑

 

歯,白く,歯磨き粉

↑リリーホワイトを詳しく知りたい↑

 

 

 

ネージュ

 

歯,白く,歯磨き粉

 

ネージュの特徴

 

★歯科医監修の本格ホワイトニング!ステイン除去には定評あり!
★圧縮窒素・ケイ素をカルシウムイオンで包んでステイン除去!
★研磨剤・発泡剤不使用!
★ハイドロキシアパタイトで口内環境も!
★1日あたり121円!

 

評価 歯,白く,歯磨き粉
ホワイトニング成分 ケイ素・圧縮酸素
その他の補助成分 ダマスクバラ花水・シリカ・ヒドロキシアパタイト・炭酸Ca・カルポマー
定価 6000円(税別)
お試し価格 初回限定2980円(税別)
定期購入価格 4980円(税別)
継続条件 初回を含む3回継続必要
1日当たり価格 121円(3か月90日間使用の場合)

 

 

なかなか取れないステイン着色に悩んでいました。

 

そうそうとれるもんでは無いと思っていましたが、なかなか歯科医のホワイトニングも通う事が出来ずにネージュを知りました。

 

歯磨き粉代わりに使い始めて1か月もしてよく見ると明らかにわかるくらいにステインが落ちていました。

 

以来数か月使っていますが、3か月も経つとほとんどステインも目立たない程度に白くなっています!

 

ステイン汚れが気になる方にはおすすめ出来るホワイトニングジェルです。

 

29歳 接客業


 

歯,白く,歯磨き粉
ステイン除去能力は強力なので、黄ばみやくすみがなかなか取れない方に!

 

しっかりと数か月使って白くしたい方にはおすすめ!

 

歯,白く,歯磨き粉

↑詳細とお申し込みはこちら↑

 

歯,白く,歯磨き粉

↑ネージュを詳しく知りたい↑

 

 

 

 

歯,白く,歯磨き粉

 

レディホワイトの特徴

 

★ポリアスパラギン酸ナトリウムが汚れを包み込んで除去!
★研磨剤・発泡剤・漂白剤ももちろん不使用!
★アスコルビン酸で歯周病の予防にも効果的!
★1日あたり152円ですが、1日2回しっかり使える(1回あたりは76円)!

 

評価 歯,白く,歯磨き粉
ホワイトニング成分 ポリアスパラギン酸ナトリウム
その他の補助成分 アスコルビン酸、アラントイン、イソプロピルメチルフェノール、キシリトール、GTO
定価 5500円(税別)
お試し価格 50%オフの2750円初回(送料無料)
定期購入価格 5500円(税別・送料無料)
継続条件 初回を含む3回継続必要
1日当たり価格 152円税別(3か月90日分継続の場合)

 

 

専業主婦でなかなか歯科医のホワイトニングは高くて敬遠していました。

 

そこでレディホワイトなら歯磨き粉代わりにと思って使い始めたんです。

 

最初は白くなるというよりは、アップルの清涼感がおいしく感じて更に口の中がさっぱりするので気に入って使っていました。

 

2週間もすると主人が『白くなってきたんじゃない?』と!

 

それからは毎日白くなる歯を見ながら歯磨きが楽しくなってきました。

 

31歳 専業主婦


 

歯,白く,歯磨き粉
アップルミントの清涼感で一日何度も磨きたい方におすすめ!

 

歯磨き粉としても使いやすく、口内環境の維持力は魅力!

 

歯,白く,歯磨き粉

↑詳細とお申し込みはこちら↑

 

歯,白く,歯磨き粉

↑レディホワイトを詳しく知りたい↑

 

歯を白くするための歯磨き粉の選び方は?

歯,白く,歯磨き粉

歯を白くすると謳っている商品はいっぱいあるのですが、ホワイトニングとしての成分をしっかりと含んでいるものを選びたいですね。

 

かといって、

 

  • 研磨剤
  • 漂白剤

 

等の歯を痛める原因になるものが入っているのも心配です。

 

まずは上記のような成分の入っていない商品を選んで使いづけることが大切です。

 

使い続けるには?

歯,白く,歯磨き粉

ホワイトニング専用の歯磨き粉は使い続けるには、使い心地、毎月の価格が心配ですよね。

 

そんな中、通販専用のホワイトニング歯磨き粉をお勧めするのは、効果の高さと一日当たりの価格です。

 

たしかに月単位で考えると高く感じますが、ほとんどの商品が一日当たりジュース一本程度。

 

歯科医のホワイトニングが何万もかかる上に、通い続けないと白さがキープできないというデメリットもありますので、自宅で手軽にホワイトニング出来てジュース一本分というのは安いほうだと思います。

 

返金保証制度もある商品もあるので、心配な方はそちらから試してみるのも悪くないと思います。

 

研磨剤だけは使わない事!

歯,白く,歯磨き粉

研磨剤というのは、歯の表面の汚れを削り落とす効果は高いのですが、削ることが歯に良いことではありません。

 

歯の表面を覆っているエナメル質を削ってしまい、黄ばみやくすみを更に進行させてしまう原因にもなります。

 

傷ついてザラザラになった歯の表面には、食べ物や飲み物の色素やカスが付着しやすい状況となります。

 

その場ではきれいになった気がしても、使い続けると逆効果になりかねません。

 

しっかりとホワイトニング成分でホワイトニング出来る商品を選びましょう!

 

歯を白くする歯磨き粉の選び方!

 

研磨剤の入っていない歯磨き粉で歯の表面を傷つけない!

 

しっかりとしたホワイトニング成分の確認できる商品を選ぶこと!

 

 

>>おすすめのホワイトニング歯磨き粉ランキングを見る<<

研磨剤入りの歯磨き粉はどうなの?

先にも書きましたが、研磨剤入りの歯磨き粉は出来るだけ使用しない方が歯を白くしたい方には有効です。

 

しかし、かなり歯にステインやヤニなどの汚れが残っている方は、極端に強い研磨成分の入っていない研磨剤入りの歯磨き粉は有効な場合もあります。

 

研磨剤の入った歯磨き粉とは?

通常日本で売られている白いペースト状の歯磨き粉はほとんどが研磨剤が入っています。

 

ただし、研磨剤と一言で言っても種類がいくつかあります。

 

研磨力の強い研磨剤と、研磨力の弱い研磨剤が有ります。

 

ヤニなどを落とす目的で使われる歯磨き粉などには強めの研磨剤が入っていることが多いですね。

 


人気のあるセッチマ(Amazon)

 

このような歯磨き粉でもその場の効果はあるのですが毎日使っていると逆に汚れが付きやすくなってしまいます。

 

パッケージにもあるように、多くても週2〜3回の使用に抑えたほうが良いです。

 

出来ればこのような研磨力の強い商品は週1回しっかり使っておいて、残りの歯磨きは研磨剤の入っていないホワイトニング歯磨きジェルを使用することをお勧めします。

 

研磨力の弱い物なら毎日使える?

中には研磨力の弱い研磨剤を配合した商品もあります。

 

歯,白く,歯磨き粉
薬用ホワイトニング歯磨き粉 OraPearl公式

 

研磨剤は入っているのですが、微量で粒が小さいために歯の表面を傷つけることなく使用できます。

 

オーラパールは人気の商品なのでおすすめです。

 

市販で売っているような指で触ってみるとざらざらしているようなものはやはり歯の表面を傷つけて、コーヒーや紅茶などを飲んだ際にはその傷の中から着色汚れが浸透してしまい、更に歯を黄ばませる要因になるので使わない方が良いです。

 

歯を白くしたいと思うのであれば、ホワイトニング専用の歯磨きジェルという選択肢が一番だとは思いますが。

 

>>ホワイトニング専用歯磨きジェルランキングはコチラ<<

なぜ歯は黄ばむのか?

歯,白く,歯磨き粉

そもそもなぜ歯が黄ばんだり汚れが付着してしまたりするのでしょうか?

 

ほとんどの方は毎日歯を磨いてきれいにしているつもりでも、鏡を見て笑ってみると、芸能人のように真っ白な歯にはなっていませんよね?

 

黄ばみはともかくとしても、毎日歯を磨いているのに汚れが沈着してしまっているという方も。

 

歯を白くする前に、なぜ歯が白くなるのかを考えてみましょう。

 

歯の汚れの原因とは?

歯,白く,歯磨き粉

歯の隙間部分や先端、よく見ると歯の裏側に付着している汚れはステインという着色汚れです。

 

ステインとは、歯の表面を覆っているペリクルという成分の薄い膜のような部分に、ポリフェノールなどの物質が付着して起こる現象です。

 

ステインが着色してしまうと通常の歯磨き粉では落とせない場合が多く、歯科医のクリーニングで落としてもらうか、専用のホワイトニング歯磨き粉などで落とす必要性が出てきます。

 

また、汚れの中にはヤニ等の場合もありますし、歯磨きをしっかりしていても歯には汚れはついていくものだと思ってください。

 

歯の汚れの種類と対応の仕方

歯の汚れには数種類ありますが、汚れに対して対応の仕方が変わってくるので注意してください。

 

歯の汚れにはどの対応が良いのかを紹介したいと思います。

 

食べ物のカス

これは当然食べ物を食べる人間には避けて通れない汚れですが、しっかりとブラッシングとうがいで対応できます。

 

特に難しい対応は必要ないのですが、歯磨きの仕方によっては、食べ物のカスが歯間内に残ってトラブルを引き起こすきっかけになる可能性はあります。

 

毎日しっかりとブラッシングしているつもりでも、細かいカスが歯間内に残り、虫歯菌と呼ばれるミュータンス菌によってさらに汚れに繋がったり、そこから虫歯になったりする可能性のある汚れとなります。

 

虫歯になれば当然その部分は歯が茶色や黒色になって徐々に穴が開いて痛みが出ます。

 

そうなってくると汚れという域を超えているので歯科医で適切な治療を行ってください。

 

ステインやヤニの汚れ

先ほどもステインについては書きましたが、色の濃いものを食べたりタバコを吸う事によって歯に落ちない汚れがついてしまいます。

 

ステイン系やヤニ汚れの場合は通常の歯磨きでは落ちないために専用のリムバーやホワイトニング歯磨き粉をつかうか歯科医院でクリーニングをしてもらう事が必要です。

 

特に厄介なのはヤニでは無くステインです。

 

このステインという汚れは、歯の表面を覆っているペリクルに着色します。

 

そのペリクルという歯を覆っている部分は、歯磨き粉に含まれている研磨剤で傷ついた部分から浸透してしまうんです。

 

歯の汚れには歯磨きが必要ですが、その歯磨き粉に研磨剤が入っていると着色汚れが付きやすくなってしまうという事なんです。

 

そこで、このステイン汚れを落とすには、ホワイトニング専用の歯磨き粉や歯磨きジェルと呼ばれる研磨剤の入っていないジェルがおすすめです。

 

歯科医院のクリーニングも虫歯予防にも有効ですので良いのですが、数か月に一度なので、ステイン汚れが気になるからと気軽には行けるものでもないので日頃のケアが必要な汚れとなってしまいます。

 

歯垢(プラーク)

これは虫歯を引き起こす細菌の塊なんです。

 

この歯垢は、歯の表面についた白色や乳白色のべとべとしたものです。

 

これは細菌の塊でもあります。なんと1mgのプラークの中には1億個の細菌が住んでいます。

 

1mgってどのくらいかというと、塩の粒が10粒です。その10粒の中に1億個の虫歯の原因になる菌が潜んでいます。

 

プラークは食べ物を食べているとどうしてもついてしまうものなのですが、ブラッシングや歯間ブラシなどで落ちるものなんです。

 

残念ながらうがいでは落ちませんので注意してください。

 

そのプラークを落とし切れずに放置することによって、次の段階である歯石という虫歯の原因ナンバー1に変化していきます。

 

しっかりとブラッシングと歯間ブラシで歯垢を残さないようにすることと、定期的な歯科医のクリーニングをお勧めします。

 

歯石

歯石とは、先ほどの説明で書いてある歯垢が固まったものと考えてください。

 

歯石は文字の通り石のように固くなった物質です。

 

歯垢が歯石になってしまうと歯ブラシやうがいでは落とすことが出来ません。

 

歯科医院のスケーリングという専用のマシンで落とすことになります。

 

歯垢を放置すると歯石に変わってしまうのですが、歯垢が歯石になるにはたったの2日間しかありません。

 

しっかりと歯垢をブラッシングして落としておくことが虫歯や歯の汚れの予防になりますので、歯石になる前に何かしらの対策をしておくことが望ましいと言えます。

 

歯の汚れが気になるなら?

歯,白く,歯磨き粉

多くの汚れはブラッシングで予防できると言えるでしょう。

 

特に歯の汚れを落として歯を白くしたいと思うのであれば、予防的にも研磨剤の入った歯磨き粉は使うべきではありません。

 

食べ物のカスや歯垢はブラッシングだけでも落ちるので、研磨剤の入っている歯磨き粉を使うのであれば1週間に一回程度に抑えたほうがいいです。

 

その他の日常では研磨剤の入っていないもしくは研磨剤が細かいタイプのものを使って歯磨きをしておくのがおすすめです。

 

>>おすすめの歯磨きジェルはこちら<<